So-net無料ブログ作成

GW [日記・雑記]

昨日から、GW突入しましたが、世間では3日休めば10連休と騒いでいますねぇ。

飛び石連休どころか、私にはまったく関係ありません(^^;

毎年、仕事と地元の祭りなので・・・

1発目の祭りは、地元のパレードがメインのお祭りです。

今年は、交通安全ブースを設置・運営しました。

飛び石の前半戦ということもあってか、人出は例年より多く感じました。

_E3A8203.jpg

_E3A8218.jpg

_E3A8219.jpg

_E3A8235.jpg

_E3A8236.jpg

_E3A8338.jpg

_E3A8349.jpg

_E3A8392.jpg

次は、凧揚げかぁ~(^^;

その間も仕事です(><)

 [EOS 5DMarkIII]

強風の中、巣作りに励んでいます。

いっぱいまでトリミングしてみました。

_E3A8038c.jpg

元画像は、こんな感じです。

_E3A8038.JPG

EOS 5DMarkIII + EF70-200 F2.8L ISII USM + Zeta C-PL
Tvモード F6.3 1/1000 ISO100

AFは、Case3 でしたが、5D3のAFは、ホントに速いですね。

BG-E11 (5DMarkIII バッテリーグリップ) [EOS 5DMarkIII]

お客さんに譲ってもらった EOS 40D にバッテリーグリップが付いていて、それからというもの、バッテリーグリップが必須アイテムになっています。別に縦位置撮影が多いとか、バッテリー容量を増やしたいという訳ではないですし、その前はバッテリーグリップの設定のない機種を使っていました。最初は邪魔に感じていたものの、折角あるのだからという感じでしたが、今では、ないとしっくりこないんですよね。

さて、 5DMarkIII の BG-E11 は、カートリッジ式となり、横から挿入するタイプになりました。これが何とも格好いいです。更に、しっかりロック出来るのも安心ですね。とは言え、以前のタイプでも使用中に開いたことはありませんが・・・防塵・防滴性もアップしているんでしょうか。前のタイプ同様、バッテリー1本でも使えます。

IMG_0040.jpg


グリップ内部は、こんな感じです。

IMG_0043.jpg


そして、縦位置のON/OFFスイッチが回転タイプからスライドタイプに変更され、切り替えが楽になりました。回転タイプは、2本指で摘んで回すため、一度ONすると暫くONのままでしたが、スライドタイプは、指1本で操作できるため、ON/OFF操作がし易くなりました。

IMG_0046.jpg

EOS 5DMarkIII 7D 比較 [Camera]

5DMarkIII と 7D を比べるつもりは、ないのですが・・・
やっぱり、試してみたくなります。

左が5DMarkIII、右が7Dです。
使用レンズは、24-105mm F4 Lです。
マニュアルモード/PictureStyle スタンダード
F4/SS100s/ISO1,000

↓拡大してみるとISOも1,000ということで、7Dの方にノイズが...
キャプチャ2.JPG

↓引くと、5Dのボケが強いのが分かりますね。
キャプチャ.JPG

35mmフルサイズ機とAPS-C機、性能ではなく、性格の違いを改めて知ったような気がします。

画素数の違いは、さて置き...

ボカしたいシーンとボカしたくないシーン...

1.6倍の画角の違い...

5DMarkIIIの超高感度耐性にも感動しましたが、7Dもイイ^^

そんな風に思いました。

EOS 5DMarkIII 7D 外観比較 [Camera]

特に7Dと比べるつもりはありませんが、参考までに・・・


6Dにしなかった理由の1つに握った感じが小さかったのもあります。

印象としては、7Dと5D3で握った感じは近いように感じました。

並べて比べると、若干5D3が大きいのが分かりますね!

そして、7Dの出来の良さも分かります。

それにしても、センサーサイズの違いは歴然ですね。

□正面□
IMG_0035.jpg

□背面□
IMG_0032.jpg

□側面1□
IMG_0031.jpg

□側面2□
IMG_0033.jpg


最後にシャッター音の比較です。

7Dの鋭いシャッター音も好きですが、5D3はジェントルな感じがイイですね。


※何も考えずにPモードでシャッターを切ったため、SS等の条件は違うかもしれません。

Full size debut !! [EOS 5DMarkIII]

フルサイズという呼称については賛否がありますが、35㎜フルサイズデビューさせて戴きました。

いつかは・・・という頭はありつつも、APS-Cで充分でしたし、そう思ってもいました。

しかし、”EF70-200 F2.8L ISⅡ USM”を使ってからというものフルサイズ機への憧れが強くなりました。

正直レンズもそれまでは、高倍率の便利ズーム1本で充分と思っていた位です。

更に言えば、コンパクトだって、良い写真は撮れると思っている位です(^^;

カメラを変えたからって良い写真が撮れるわけでもありませんし・・・

それでも、フルサイズ機が欲しくなってしまうことってあるんですね。



それにしても、機種選択が難(楽)しかったですね(笑)

高解像のNikonにマウント替えするのか、高感度のCanonで70-200 f2.8を活かすのか?

元々はNikonのカメラから始まったため、NikonのD800やD600にも興味深々でした。

ボディー価格も5Dよりも若干お安目で、お得感も高いです。

ただし、D800は解像度が高い分、誤魔化しが利かないという話もネットで多くみます。

どちらかというと、気ままにスナップを撮る方が好きなので、選択肢からNikonが消えました。

それに日中は仕事ですし、屋内とか、夜の撮影が多そうなので、高感度の恩恵は嬉しいです。


そして、6Dか5DⅢかの選択肢でまた悩みました。

6Dに搭載されたGPSやWi-Fi機能も興味深々ですが、7DよりAFポイントが少ないのはちょっと。

6Dレンズキットにして、その他レンズを1本追加するか、5DⅢのレンズキットにするか?

どちらにしても、EFレンズは、70-200しか持ってませんので(^^;;;

6Dにして、レンズを買い足す方が現実的なのでしょうけれど、何分高額商品ですので、後悔したくないです。

7Dからの買い替え・買い増しは5Dの方が良いという話も聞き更に迷いました。

そんなこんなで、結果的にスカイツリーから飛び降りるつもりで5DⅢにしました。

key-visual.jpg

さくら [Camera]

家の目の前のさくらです。

久し振りに撮りましたが、今年は、天気が悪かったり、咲き始めたと思ったら寒かったりとなかなか撮らせてくれません。

青空とは言えないもののこの日を逃したら・・・ってことで撮ってみました。

Canon EOS7D & EF70-200 F2.8L IS2 USM
IMG_7440.jpg

IMG_7441.jpg

IMG_7445.jpg

IMG_7446.jpg


この時期、この辺は、やっぱりコレです。
会館自体は、先の震災で閉館のままですが...

IMG_7450.jpg

大凧の足場バックでパチリ。

IMG_7451.jpg

久々に凧あげの写真も撮りたいですが、あげないといけないので(>_<)

カメラバッグ [Camera]

EF70-200F2.8L ISⅡ USM を導入して、困ったことがあります。
それは、愛用のカメラバックに入れるといっぱいいっぱいで他に何も入らなくなることです。
ということで、昨年末の話ですが、カメラバッグを新調しました(^^)

いろいろ迷った結果、エツミのE-4188 トゥルーリーフィールドザックにしました。

4975981418891.jpg

お値段の割に収納力は、なかなかのものです。
仕切りも使い勝手がよく、クッションもしっかりしているように思います。
バッテリーグリップを付けると出っ張るもののジッパーはちゃんと閉まります。
少ないものの手持ちの機材を全部収納できました^^

 ・ 7D+バッテリーグリップ
 ・ EF70-200F2.8L
 ・ EF-S10-22F3.5-4.5
 ・ EF-S18-200F3.5-5.6IS
 ・ スピードライト430EXⅡ
 ・ スピードライトブラケット
 ・ 他小物

↓詳細はコチラ(PDF)
http://www.etsumi.co.jp/catalog/pdf/E-4188.pdf



その他、先日こんなものも・・・
Lowepro トップローダープロ 75AW ブラック(並行輸入品)

41kNiv5bUkL.jpg

アマ〇ンで購入しました。

こっちは、7D+バッテリーグリップ+70-200F2.8でピッタリでした。
付いている仕切りもレンズが太過ぎて使わなくていい感じです。
18-200と10-22は、どちらかを装着した状態で、少し飛び出しますが、
間に仕切りを1枚入れて何とかジッパーが閉まる感じです。
レンズ1本でフラフラしたい時は、便利ですね。

若者は選挙に行かないせいで、〇千万円も損している!? [日記・雑記]

↓こんな講演会に参加する機会をいただきましました。

公益社団法人春日部青年会議所 3月例会
「若者は選挙に行かないせいで、〇千万円も損している!?」
~恋愛学から見た政治リテラシー養成講座~

講師は、聞き覚えのない早稲田大学国際教養学部 森川友義教授でしたが、

CXの「結婚しない」の脚本監修をされた先生だったんですね...

更には、小市慢太郎さんが演じていた谷川教授のモデルなんだそうです。

事前に知っていたら、会場へ向かう足ももっと軽かった筈、調査不足でした。


それにしても〇千万円損するというのは大袈裟?と思いましたが、

4年ほど前で4千万円だったのが、今では1億円損しているとのこと...

日本という括りで見ると、今生まれた赤ちゃんが、

既に5千万円の借金を背負っているそうです。

国債の返済をしているのは、私たち国民ですからねぇ。

これ以上、国債を増やすと自分の子どもに迷惑が掛かるんですね。

自分、子ども居ませんけど(^^;;;

何とも興味深いというか、講演テーマに反して危機感を煽られました。


高齢化が叫ばれる昨今、更に若者の政治への興味が薄れ、

若者の投票率が低下していますよね。

それって、単純に政治に関わらないだけでなく、

政治家の顧客リストから外れることを意味するようです。

新規開拓も必要ですが、手っ取り早く票を稼ごうと思ったら、

まずは、需要の高い年齢層向けの政策を打ち出しますよね。


選挙に行かないのは、単純に選挙権を放棄するだけではなく、

自分たちの年齢層向けの政治も放棄することになるんですね...


更には、こんな話もされていました。

政治のことが分からない、立候補者のことを知らない。

そんなのは無責任だから選挙に行かない。

そんな人は、鉛筆をコロがして投票すれば良いそうです。

また、小選挙区と比例代表で政党を変えれば良いそうです。

そうすることで、選挙に対する影響が少なくなるとか...


それにマニフェストを熟知しても、守られる保証はないですからね。

どんなに良い政策でも、痛みが大きいなんてこともあると思います。


悲しいですが、数の問題なんですね。

若者向けの政策を打ち出して、惨敗なんてケースも良く聞きます。

若者の投票率が上がれば、若者向けの政策が打ち出されるってことですね。


なんてことを恋愛学と絡めながら、お話いただけました。

2回目のスターター故障 [自動車]

25~26日と愛車を車検に出していました。

返ってきて、移動のため、エンジンをかけたところクランキングが可笑しい(><)

キーを回してワンテンポ遅れてセルが回りだし、クランキングも明らかに長い・・・

バッテリーは、昨年、パナのブルーバッテリーに代えたばかりですが、とりあえずチェック!!

問題なし・・・やっぱり、スターターかな?

そんなことを思いながらも、乗っていたところ、とうとうエンジン始動不能に陥りました(><)

車屋さんに連絡して取りに来ていただくことになりましたが、エンジンは掛けておいて下さいとのこと・・・

従業員さんに手伝ってもらい、必死にPITまで押してリフトアップ。

スターターを叩きながらようやく始動・・・

平成18年に1度交換しているので2回目、約6年サイクルですね(ボソッ)
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。