So-net無料ブログ作成
検索選択
EOS 5DMarkIII ブログトップ

広島に行ってきました [EOS 5DMarkIII]

旅行なんていつ振りだろう・・・
とある国際交流事業に関わることとなったお陰で、広島1泊旅行に行くことができた。

1日目は宮島観光ということで、新幹線から電車を乗り継ぎ、フェリーに乗っていざ宮島へ!
午後着いて夕方まで、22名の外国人を引き連れているため、あまり余裕は無かったものの、初めての広島なかなか楽しめました。

でも、次の機会があるならば、空気の澄んだ満潮の宮島に1泊してみたいなと思いました。

_E3A2096.jpg

_E3A2145.jpg

_E3A2168.jpg

_E3A2200.jpg

_E3A2215.jpg

_E3A2246.jpg

_E3A2262.jpg

_E3A2264.jpg

_E3A2268.jpg

ラジコンヘリ [EOS 5DMarkIII]

5D3で初ラジコンヘリ撮影してみました。
レンズは、70‐200 F2.8 IS2 USM やっぱりイイですね。
でも・・・風が強かったので、PLフィルターに排気オイルがポツポツと(><)
ラジコン飛行機も撮ってみたいですね。

↓私の愛機ですが、飛んでいるところを撮れないのが悲しすぃ~。
_E3A8959.jpg

ガソリンエンジン仕様の90機(フレイヤ)です。
_E3A8955.jpg

↓やっぱり、スケール機は見栄えがイイですが、この時には日が落ち始めていたので・・・
_E3A8982.jpg

作画機能 [EOS 5DMarkIII]

5DMarkIIIの内臓機能に作画機能というのがありました。
導入前から興味深々でしたので、早速使ってみました!


まずは、HDR(ハイダイナミックレンジモード)です。
今回は、3枚の設定で連射し、これを元にDPP(DigitalPhotoProfessional)で合成してみました。

↓これが元にした3枚の写真です。
2013 04 26 キャプチャ.JPG

↓これが合成結果(左から、ナチュラルグラフィック絵画・油彩・ビンテージ)です。
2013 04 26 キャプチャ(HDR).JPG


続いて、多重撮影モードです。
今回は、通常撮影の写真とピントをボカした写真で合成してみました。

↓これが元にした2枚の写真です。
2013 04 26 原画.JPG

↓これが合成結果(多重加算・多重加算平均・多重比較明・多重比較暗)です。
2013 04 26 キャプチャ(多重).JPG

多重撮影では、連射を優先にしてカメラで合成する時は、前に撮った写真が薄っすら表示されるので、使い方いろいろですね。


練習を重ねて、実践で使ってみたい機能ですね。

 [EOS 5DMarkIII]

強風の中、巣作りに励んでいます。

いっぱいまでトリミングしてみました。

_E3A8038c.jpg

元画像は、こんな感じです。

_E3A8038.JPG

EOS 5DMarkIII + EF70-200 F2.8L ISII USM + Zeta C-PL
Tvモード F6.3 1/1000 ISO100

AFは、Case3 でしたが、5D3のAFは、ホントに速いですね。

BG-E11 (5DMarkIII バッテリーグリップ) [EOS 5DMarkIII]

お客さんに譲ってもらった EOS 40D にバッテリーグリップが付いていて、それからというもの、バッテリーグリップが必須アイテムになっています。別に縦位置撮影が多いとか、バッテリー容量を増やしたいという訳ではないですし、その前はバッテリーグリップの設定のない機種を使っていました。最初は邪魔に感じていたものの、折角あるのだからという感じでしたが、今では、ないとしっくりこないんですよね。

さて、 5DMarkIII の BG-E11 は、カートリッジ式となり、横から挿入するタイプになりました。これが何とも格好いいです。更に、しっかりロック出来るのも安心ですね。とは言え、以前のタイプでも使用中に開いたことはありませんが・・・防塵・防滴性もアップしているんでしょうか。前のタイプ同様、バッテリー1本でも使えます。

IMG_0040.jpg


グリップ内部は、こんな感じです。

IMG_0043.jpg


そして、縦位置のON/OFFスイッチが回転タイプからスライドタイプに変更され、切り替えが楽になりました。回転タイプは、2本指で摘んで回すため、一度ONすると暫くONのままでしたが、スライドタイプは、指1本で操作できるため、ON/OFF操作がし易くなりました。

IMG_0046.jpg

Full size debut !! [EOS 5DMarkIII]

フルサイズという呼称については賛否がありますが、35㎜フルサイズデビューさせて戴きました。

いつかは・・・という頭はありつつも、APS-Cで充分でしたし、そう思ってもいました。

しかし、”EF70-200 F2.8L ISⅡ USM”を使ってからというものフルサイズ機への憧れが強くなりました。

正直レンズもそれまでは、高倍率の便利ズーム1本で充分と思っていた位です。

更に言えば、コンパクトだって、良い写真は撮れると思っている位です(^^;

カメラを変えたからって良い写真が撮れるわけでもありませんし・・・

それでも、フルサイズ機が欲しくなってしまうことってあるんですね。



それにしても、機種選択が難(楽)しかったですね(笑)

高解像のNikonマウント替えするのか、高感度のCanonで70-200 f2.8を活かすのか?

元々はNikonのカメラから始まったため、NikonのD800やD600にも興味深々でした。

ボディー価格も5Dよりも若干お安目で、お得感も高いです。

ただし、D800は解像度が高い分、誤魔化しが利かないという話もネットで多くみます。

どちらかというと、気ままにスナップを撮る方が好きなので、選択肢からNikonが消えました。

それに日中は仕事ですし、屋内とか、夜の撮影が多そうなので、高感度の恩恵は嬉しいです。


そして、6Dか5DⅢかの選択肢でまた悩みました。

6Dに搭載されたGPSやWi-Fi機能も興味深々ですが、7DよりAFポイントが少ないのはちょっと。

6Dレンズキットにして、その他レンズを1本追加するか、5DⅢのレンズキットにするか?

どちらにしても、EFレンズは、70-200しか持ってませんので(^^;;;

6Dにして、レンズを買い足す方が現実的なのでしょうけれど、何分高額商品ですので、後悔したくないです。

7Dからの買い替え・買い増しは5Dの方が良いという話も聞き更に迷いました。

そんなこんなで、結果的にスカイツリーから飛び降りるつもりで5DⅢにしました。

key-visual.jpg
EOS 5DMarkIII ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。