So-net無料ブログ作成

EOS 7D ファームウエア Version 2.0.3 [EOS 7D]

Ver 2.0.0の修正版ですね。

Ver 2.0.0にファームをアップデートされた方は、お忘れなく。

↓EOS 7D ファームウエア Version 2.0.3
http://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eos7d-firm.html

EOS 7D ファームウエア Version 2.0.0 [EOS 7D]

7Dのファームウエアが更新されたようですね。

NEC_0089.jpg


以下、Canonのホームページ情報です。

EOS 7D ファームウエア Version 2.0.0

1.連続撮影可能(バースト)枚数が向上しました。
 【JPEG ラージ/ファイン】:約94(126)枚*1⇒約110(130)枚*2
 【RAW】:約15(15)枚*1⇒約23(25)枚*2
 【RAW+JPEG ラージ/ファイン】:約6(6)枚*1⇒約17(17)枚*2
2.新規アクセサリーの“GPSレシーバー GP-E2”に対応しました。
3.ISOオート時の上限感度設定機能を追加しました。
4.カメラ内RAW現像機能を追加しました。
5.画像再生時のクイック設定機能を追加しました。
6.レーティング機能を追加しました。
7.JPEGリサイズ機能を追加しました。
8.録音レベルマニュアル調整機能を追加しました。
9.ファイル名自由文字設定機能を追加しました。
10.エリア(タイムゾーン)設定機能を追加しました。
11.画像拡大時の画面スクロール速度を向上させました。
12.外部ストロボを使用し断続的な連続発光した場合にシャッタースピードが長秒時になることがある現象を修正しました。
13.動画のExif情報の色空間情報を修正しました。

*1 当社試験基準4GBカードを使用し、当社試験基準(ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定。( )内の数値は、当社試験基準Ultra DMA(UDMA)対応4GBカード使用時の枚数
*2 当社試験基準8GBカードを使用し、当社試験基準(ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定。( )内の数値は、当社試験基準Ultra DMA(UDMA)対応128GBカード使用時の枚数

EOS 7D アップデート(Version1.2.1) [EOS 7D]

EOS 7Dのファームウェア アップデートの通知が届きました。
早速ダウンロードして、CFカードに転送、アップデートしました。

http://web.canon.jp/imaging/eosd/firm-j/eos7d/firmware.htm

こういったアップデートもデジタル化されて、簡単にできるように
なって嬉しいかぎりですね。

やっと満開かな? [EOS 7D]

家の前の河川敷に植えられた桜もやっと満開かな?

IMG_1135.jpg

朝の出掛けだったので、まだ薄暗い中でしたので、
ISO12400で露出を1段上げて撮ってみました。

真冬のハイビスカス [EOS 7D]

今年も咲いてます(笑)
夏は冷房、冬は暖房の効いた事務所なので
完全に勘違いしちゃってマス。

3512491
[ EOS 7D / EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS ]
撮影データ
露出時間 1/125 sec
レンズF値 F5.6
露出制御モード Program normal
ISO感度 100
EXIFバージョン 2.21
シャッタースピード 1/127 sec
レンズ絞り値 F5.7
露出補正量 0 EV
自動露出測光モード Multi-segment
フラッシュ Flash did not fire, auto
レンズの焦点距離 200.0 mm(35mm換算で320mm)

7D インプレッション② [EOS 7D]

ド素人なインプレション第2弾です。

ファインダー視野率100%・・・正直、憧れてました。
やっぱり、上位機種の証的な気もしますので・・・
それ以上に、ファインダーを覗いたままの
写真が撮れるのって、嬉しい気がします。

お次は、ファインダー絡みで、インテリジェントビューファインダー
これも凄いですね。AFフレームやスポット測光エリアの他、
グリッド表示と水準器まで表示してくれる優れものです。
三脚使用時は勿論、手持ちでも水平確認が出来ちゃいます。
ちなみに、Fnに割り振っておけば、ワンタッチで表示出来、
シャッター半押しで消えます。

ストロボのワイヤレストランスミッターが内臓されたので、
今まで使っていた430EXⅡがリモート発光出来るようになりました。
プロっぽく、ワイヤレス多灯発光が手軽に楽しめる他、
通常、ストロボの光が届かない場合でも、ストロボを被写体の
近くに置いておけば、高価なストロボを買う必要が無くなります(^^;
ストロボを手持ちして色々な角度から光を当てたりなんて使い方もOK
ちなみに設定は、メニューの内臓ストロボの項目から連動できます。

そして、40Dに比べて、圧倒的に暗さに強くなってます。
常用ISO感度が4倍に上がっていますので、手ブレの心配が減りました。
単純に感度が上がった訳でなく同感度でのノイズも段違いで抑えられています。

とりあえず、こんなところですかね(^^;;;

画質や写りに関しては、画素数が1800万画素と高い上に
EOS 1D等で使っているDIGIC4を2つも搭載してますから、
良くて当たり前と思いますし、好みもありますので・・・

その他、難しい機能や自分好みにするためのカスタマイズ等々
EOS一桁機の違いも感じますが、逆に痒いところに手が届いた感じがします。
フルオート機能も40Dに比べて格段に良くなっていますので、
例えば50Dにしようか迷った時に、ちょっと背伸びをして選択しても
後悔のないカメラなんじゃやないかな?と思いました。

EOS 7D インプレッション① [EOS 7D]

正直、初めて7Dを手にした時の感想は、
アレ、40Dとあまり変わりないかな?でした。

最も大きさは、カタログ値で気持ち大きくなった程度
重さも80g違いますが、40Dでもバッテリーグリップを
愛用していましたので、気になる重さではないですね。

更には、40Dのグリップも大きい手に合っていたらしく、
しっくり来ていたので、7Dで工夫されているラバーの
厚みなんかも、そう言われてみれば程度のものでした。

そして、やっぱり、素人としてまずやってみたいのは、
連射です、秒間6.5コマの40Dで充分速いと感じてましたので、
正直1.5コマの期待感と必要性はありませんでした。
しかし、1.5コマの違いは歴然ですね。やっぱり速いですぅ~!!!
逆にいろいろチャレンジしてみたくなります。

どれくらい速いかは、コチラをご覧戴ければ分かると思います。
↑キタムラのイチオシ7D編です。

そして、次に驚いたのが、液晶ディスプレイの綺麗さです。
40Dの23万ドットでは、PCで見た方が綺麗でした。
7Dや50Dでは、4倍の92万ドット液晶を採用していますので
後でPCを見てガッカリするほどディスプレイが綺麗です。

更に反射を原因から取り除いたというだけあっての
液晶ディスプレイは、両手を挙げた状態のハイアングルでも
被写体を視認できるスグレものです。

続きは、また、後ほどということで(^^;;;
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。