So-net無料ブログ作成
Super Voyager E ブログトップ
前の10件 | -

SPボイジャーE 6セル化決定 [Super Voyager E]

急遽、6セル化することにしました(^^;
まずは、Kypom 6s 2600mAh 35C × 3本着弾。

6セルのこのクラスのリポって売り切れ続発で、
50C以上の高レートリポは売ってるんですが、お値段が倍するので・・・
35Cなら、今使ってる4セル3.3Aと変わらないんですね(^o^)

いろいろ探して、ようやく見つけたので、思い切って3本注文しちゃいました。
今まで、2本体制だったので、初めての3本体制です。

kypom6s2600.jpg

現在、K&Sのスパイラルギヤのピニオン(T11)待ちです。
入荷が、今月末予定だそうです。

それまで、4セル機をガンガン飛ばさねば・・・

SPボイジャーテストフライト [Super Voyager E]

早速テストしてみましたが、上々な感じですね。
それよりも、JRのHPにも内臓BECの容量は3Aしかないので、
別BEC化する必要がある旨の案内が載っていました(^^;

http://www.jrpropo.co.jp/blog/2011/08/fblsv.html

そう言えば、別BEC化するとスイッチを通さなくなるので
スイッチを入れなくてもローターが回るようになります(^^;;;
ってことは、スイッチがある意味ナッシングですね・・・

現在、フロントヘビーなので取っちゃおうかな?
それとも、別BECの間に噛まそうかな・・・

BECの取り付け [Super Voyager E]

FBL化したSPボイジャーですが、GY750を装着すると
内臓BECでは、容量不足になることがあるとのことですので、
RCデポで相談し、内臓BECを無効にして、別BEC化しました。
調子が悪かったのは、このせいなのかな?

磯さんが丁寧に説明して、出してくれたのが、このキャッスルのCCBECです。
4セルでも6セルでも、そのまま使えるそうですので、迷わず、チョイスさせて戴きました。
IMG_0429.jpg

まずは、内臓BECを無効にするために、アンプから受信機(今回はCGY750のアンプ)に
行っているコネクターから真ん中の赤線のみを引き抜き、収縮チューブで保護しました。
IMG_0430.jpg

次に、CCBECをアンプの電源端子に半田付けしました。
IMG_0431.jpg

CCBECは、アンプ下(ちょうどアンプを止めているマジックテープの厚みとほぼ同じ)に配置。
サーボコネクターの付いている側を受信機の空きチャンネルに差せば完了。簡単ですね!!
IMG_0432.jpg

とりあえず、違いは分かりませんが、記念撮影(^^;
IMG_0433.jpg

もうちょっとローターが低い位置に付くと格好良いんですが(^^;
でも、すっきりしててGoodですね。


そういえば、昨日、飛行場に灯油の配達に行ったところAさんに遭遇しました。
バーレスSDXが調子が良いそうで、飛ばしてみたらとのお言葉に甘えました。
このSPボイジャーと同じGY750が載っているということで、本当に安定していました^^

でも、やっぱり、バーありがいいなぁとコッソリ思ったりもしして(^^;;;

とりあえず、当座の目標は、SPボイジャーの6セル化ですね!
4セルリポを使い倒さねば・・・。

スーパーボイジャーE(パーツ確認) [Super Voyager E]

おやぢさまへ

現在、手持ちのパーツの写真を撮りましたのでご確認ください。

カーボンメインローターJRC430(ホログラムのバランステープ1枚はオマケです。)
▼カーボンテールサポーターパイプセットΦ5(Φ6ではなくΦ5でした)
IMG_0422.jpg

SV4ローターヘッドAss'y
IMG_0427.jpg
IMG_0425.jpg
IMG_0426.jpg
IMG_0424.jpg

スワッシュプレートAss'y
IMG_0423.jpg

JRデジタルサーボ DS3401
IMG_0428.jpg

なお、ついでに載せましたサーボ以外は、コンバージョンキットに含まれていたものですので、パッケージはありません。カーボンローターについては、自分が使っているローターのパッケージが残っていたため、パッケージに入れました。

見た目だけ6セル仕様化... [Super Voyager E]

3軸ジャイロ CGY750 の調整を詰めていますが、

浮き上がりの際に微振動が気になります。

よくよく考えると、マストベアリングは、

3セル機として購入してから、未交換です。

とりあえず、6セル用の金属ケース入りに交換しました。

IMG_0416.jpg

キャノピーは、割安な6セル仕様にしてありましたし、

この際なので、モーターとギヤ交換だけで6セルに

出来るよう、各パーツを交換&追加することにしました(^^;;;

なんちゃって6セル仕様化開始!!

今回、交換追加したのは・・・

61380 HG ベアリングケース × 2ケ

61381 カーボンバッテリーマウント × 1ケ(別途固定用ボルトが6本必要)
IMG_0413.jpg

61384 フレームブリッジ × 1ケ
IMG_0414.jpg

61392 HG テールパイプホルダー × 2ケ
IMG_0415.jpg

70581 HG クロスメンバーL25 × 2ケ(計4本)
IMG_0417.jpg

そして、テストフライトへ・・・

しかし、離陸直前に、ヘリが高速回転しました。

今回、送信機とジャイロ設定は弄っていませんので

考えられるのは、テール駆動ベルトの捻り方向を

間違えていたことくらいしか考えられません(^^;

FBL化した時にやらかしちゃったみたいです。

ラダーをリバースにし、ラダージャイロ方向を

ノーマルにして無事解決しました。

それにしても、馬鹿やってましたね...


振動はバッチリ消えました。

ただ、サーボホーンが短いせいか、機体が止まりません。

双葉純正のロングホーンも発注していますが、

もう少し、補正量を増やして調整を詰めないと・・・

オートロベアリングも未交換なので、

只今、K&Sのスパイラルギヤを発注してます。

キャノピーも見難いので、交換予定です。

そう言えば、新たに発売されるFBLモデルは、

ETキャノピーが載るみたいですね。

でも、見難そう・・・

スーパーボイジャーE(4S) FBL [Super Voyager E]

やっとサーボも揃いフライバーレス(FBL)化が完了しました。

サーボをフタバにしたお陰で、コードがいっぱいいっぱいで、ややスッキリ。

IMG_0406.jpg

何も考えずにテストフライトをしたところ、やたら暴れました。なんで?

エルロン・エレベーターのジャイロをリーバースにしなければいけなかったようです(^^;

ファーストインプレッションは、バーアリと変わらないジャンでした。

今後、設定を詰めて、コパイばりに仕上げたいと思います。

空撮にもチャレンジしちゃおうかな^^

でも、スタビライザーが無くても、バーアリと変わらないって凄いことですよね。

それに、浮き上がりも超安定していて驚きました。

流行っているのも頷ける結果ですが、やっぱり練習にはならなくなりますね。

背面でも効果は変わらないらしいので、背面練習にも使えそうです。


噂には聞いていましたが、やっぱり、バッテリーの消耗が激しいですねぇ(^^;

調整フライトをしていたら、バッテリー残15%まで使ってしまいました(^^;


組立て済みが安価になれば、初心者でも簡単に飛ばせるようになるんでしょうね。

事故が増えないことを切に願います。


今回、フタバサーボに交換しましたが、ラダーサーボでやった

ミニサーボのアダプターの加工が必要です。

しかも、ビスも面イチにしないと、フレームに当たってしまうため、

今回は、JRダイレクトでサーボアダプターF×4を購入しました。

送料が高かった(1,050円)ので、ラダー分も購入。

それにしても、サーボ1個に付き千円は高いですねぇ(^^;

↓装着した感じです。
IMG_0407.jpg

↓パッケージはこんな感じです。
IMG_0404.jpg

↓中身は、こんなものが入ってます。
70550 サーボアダプタF.jpg

誤算 [Super Voyager E]

CGY750の設置場所に迷いながら、最終的に

今まで受信機を付けていた場所にアンプと受信機を配置。


サーボの配線を考えていたのですが、とりあえず、

750のアンプに刺してみたところ、スワッシュサーボを差して、

ヘリのアンプを差そうとしたら差さりません?


双葉のサーボコネクタより、JRのコネクタの方が厚みがあるんですね。

また、双葉とJRでは、サーボの制御パルスが違います。

つまりは、ニュートラルズレを起こしたりするそうです。


特にAVECSのジャイロで使用する時は、補正が必要とか・・・

良く考えたら3軸ジャイロなんで、電動の場合、すべてのサーボが

ジャイロに接続されるわけで・・・思い切って、双葉サーボに交換することに・・・


ホント3軸ジャイロの搭載で、随分な出費をしいられてしまいまし(^^;

双葉で500クラス用サーボを調べて、ネットショップを検索していたら、

S9071SBが洛西モデルで、4500円で売られていたので、即ポチ・・・

でも、特売品で在庫は2個だけ(><)

結局、残りの1個は、別のショップでポチりましたが、7,500円でした(^^;

洛西モデルさんは、特価品とはいえ、安いですね。

FBLローターヘッド着弾 [Super Voyager E]

とりあえず、JRのバーレスヘッドが着弾しました。
包装を解いてびっくり、コンパクトにまとめられているんですね。

IMG_0397.jpg


中身は、こんな感じでした。

IMG_0396.jpg


3軸ジャイロはまだですが、とりあえずヘッドを組みつけてみました。

IMG_0400.jpg

IMG_0398.jpg

IMG_0399.jpg

バーレスにすると、ヘッド周りがホントすっきりしますね。

ローターを折りたたんだ時に、コントロールパドルを引っ掛ける心配も要りません。

って、無いんだから当たり前ですが・・・車載時には特に嬉しいですね。

部品点数が減ったので、メンテナンスも楽になります。

細かいところでは、ウォッシュアウトベースが固定されますので、磨耗によるガタもなくりますね。

それと、ローターグリップの下側の穴にナットが嵌るようになってますので、樹脂グリップのようにHEXレンチ1本でローター交換・締め付けが可能です^^

早ければ、CGY750が本日、出荷されますので明日には到着します。

楽しみぃ~。

スーパーボイジャーE FBL化? [Super Voyager E]

最近、バーレスが流行ってますね。

以前、ウチのクラブでは、コパイが流行ってましたが、

調整が難しいのか、現在では、使っている人が居ません。


バーレス体験ということで Solo Pro 180 を買ってみましたがイマイチ(腕がないだけ)

Solo Pro 180 もあの大きさにしては、良く出来ていると感じますが...


気付いたら、SPボイジャー用のFBLローターヘッドが発売してました!!

双葉の3軸ジャイロ CGY750 も評判良さそうですし、

AVCS機能が搭載されているそうで・・・コパイ代わりにもなるんですか?興味津々です。

あとで、スケールボディー被せたりしても良さそうですねぇ~。


でも、意外とCGY750ってネットショップで売り切れてるんですね。

とりあえず、FUNFUNにローターヘッドとCGY750の在庫確認をしたところ、750は在庫切れ。

いつもの洛西モデルで在庫を発見したので、ポチりました。

洛西モデルさんは、最近、何処に何個在庫があるという表示をしてくれるので助かります。

銀振にしたので、週明けの入金確認後の発送になりますが・・・

ロータヘッドは、SRBのパーツと一緒にスーパーラジコンでポチりました。


でも CGY750 は、S.BUS対応ということで、受信機付きに・・・

高いですけど、この差額で受信機が買える思えば割り安かもと言い聞かせます。


メイン機のAST2のバーレス化も、然程値段が変わらないので考えましたが、

練習にならなくなるという話も、ネットで多々見てますので、却下しました(^^;

テストフライト [Super Voyager E]

 S.P.ボイジャーE4セルコンバージョン機のテストフライトをしてきました。
 充電しながら、リポの慣らしも兼ねて5~6本飛ばしたと思います。

 設定は、リンケージを3D設定にして、マニュアル通りなのですが、
どうも、ピッチを掛けた時に回転落ちしているようで、ハンチングします。
ジャイロ感度は、45%位まで下げているので、要ピッチの見直しですね。

 でも、4セル化して、もっとパワーが上がるのかと思っていましたが、
サンダーパワーが優秀すぎたのか?バッテリーが外れなのか?
でも、6~7分飛ばしてバッテリー残が50%以上ありました。

 本日も中学生フライヤーがブンブン飛ばしていましたが、本当に上手い。
 上手過ぎて、何の参考にもなりませんが(^^;見ているだけで楽しいです。
 また、ビデオでも持ち込んで撮っちゃおうかな~。

 午後になって、エアスキTⅡを持ち込みましたが、こちらもイマイチでした。
 やっぱり、上手い下手は別として気持ち良く飛ばしたいですね(^^;
前の10件 | - Super Voyager E ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。