So-net無料ブログ作成

作画機能 [EOS 5DMarkIII]

5DMarkIIIの内臓機能に作画機能というのがありました。
導入前から興味深々でしたので、早速使ってみました!


まずは、HDR(ハイダイナミックレンジモード)です。
今回は、3枚の設定で連射し、これを元にDPP(DigitalPhotoProfessional)で合成してみました。

↓これが元にした3枚の写真です。
2013 04 26 キャプチャ.JPG

↓これが合成結果(左から、ナチュラル・グラフィック・絵画・油彩・ビンテージ)です。
2013 04 26 キャプチャ(HDR).JPG


続いて、多重撮影モードです。
今回は、通常撮影の写真とピントをボカした写真で合成してみました。

↓これが元にした2枚の写真です。
2013 04 26 原画.JPG

↓これが合成結果(多重加算・多重加算平均・多重比較明・多重比較暗)です。
2013 04 26 キャプチャ(多重).JPG

多重撮影では、連射を優先にしてカメラで合成する時は、前に撮った写真が薄っすら表示されるので、使い方いろいろですね。


練習を重ねて、実践で使ってみたい機能ですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。